ハーバリウムでオイル以外に使える液体はある?

無色透明なミネラルオイルで満たされたハーバリウムのボトルは、光の反射を繰り返すことで中の花材を明るく照らし出すのが特色です。
こうした効果はミネラルオイルの光学特性によるものなので、水など他の透明な液体なら何でもハーバリウムに使えるというわけではありません。

本来「植物標本」を意味するハーバリウムは、研究用標本の保存を目的に、アルコールや防腐剤の中に乾燥処理した植物を入れて密閉したものが始まりです。
こうした本格的な研究用ハーバリウムでは、ホルマリンと酢酸、アルコールを混合した標本用溶液が使われますが、毒性のある成分を含むため取り扱いには専門知識を要します。

観賞用ハーバリウムの場合、一般的なアルコール類(エタノールなど)は花材の色落ちが激しいため、観賞用ハーバリウムには不向きであることが分かっています。
また、専用オイルの代わりに、手軽で安価に入手できるベビーオイルをすすめる向きもありますが、こちらも植物の色を溶かす作用があり、色持ちの点でどうしても劣るため、長期保存は難しいという印象です。

ハーバリウムに適したオイルとしては、ミネラルオイルの他にシリコーンオイルが知られています。
シリコーンオイルは化学的な安定性が高いことがメリットで、現在ではミネラルオイルと並ぶハーバリウム専用オイルとしての可能性が期待されているものです。
いずれにしても、ハーバリウムの美しさを長く保つためには、安心して使えて効果が高い専用オイルを厳選して使いましょう。

 

ミネラルオイルを使用した、アミファの「フラワーアクアリウムオイル」はこちら

アミファのハーバリウムブランド「フラワーアクアリウム」はこちら

関連記事

ぼやいてください

フローラルストーンの作り方(1分)

マステでスマホカバー作り(1分49秒)

マステでフォトフレームを作ろう!(3分36秒)

マステでロゼット作り(3分05秒)

Profile & What is Washi Tape(2分04秒)

ページ上部へ戻る