ハーバリウムオイルを廃棄するときに注意すべきこと

燃えにくく、肌に触れても安全性が高いハーバリウムオイルですが、不要なオイルを廃棄したいときはどうすればよいのでしょうか?

どのような種類のオイルであっても、廃油を排水溝から流して捨てることは、法律で禁じられています。
油の廃棄は環境への負荷が大きく、小さじ1杯の油を浄化するのに浴槽1杯ほどの真水が必要とも言われるほどだからです。

一般家庭から出る古い天ぷら油などは、紙などに吸わせるか、市販の凝固剤で固めてから捨てるのは、半ば常識と言っていいでしょう。
廃油をうっかり台所の排水溝にそのまま流してしまうと、油の熱でプラスチックの設備部品が溶けたり、水道管の中で冷えて固まって詰まりを起こしたりなど深刻な結果を招くので、十分注意してください。

ハーバリウムオイルの原料は高純度ミネラルオイルですが、廃棄する場合は一般の食用油と同じ方法で構いません。
空いた牛乳パックの中に詰めた新聞紙や布などにオイルを吸収させ、そのあとテープで口をしっかり留めて「可燃ゴミ」として捨てればOKです。
もちろん、牛乳パックが無ければポリ袋で代用したり、凝固剤を使っても処理できます。

 

ミネラルオイルを使用した、アミファの「フラワーアクアリウムオイル」はこちら

アミファのハーバリウムブランド「フラワーアクアリウム」はこちら

関連記事

ぼやいてください

フローラルストーンの作り方(1分)

マステでスマホカバー作り(1分49秒)

マステでフォトフレームを作ろう!(3分36秒)

マステでロゼット作り(3分05秒)

Profile & What is Washi Tape(2分04秒)

ページ上部へ戻る