ハーバリウムオイルは劣化しないの?

ハーバリウム作品の制作準備として「ボトルを必ず殺菌消毒すること」と教えるケースがよくあります。
確かに、その後にオイルを注いで密栓し、何か月も置いておく間には、カビが発生したり、液体そのものが劣化や腐敗を起こすのではと不安になる人もいるでしょう。

結論を先に述べますと、ハーバリウムオイルの原材料であるミネラルオイル(鉱物油)は、基本的にそれ自体が雑菌やカビに侵されることはありません。
ちなみにアミファのハーバリウムボトルに関しては、新品であれば使用前に洗浄や消毒なしですぐにお使いいただくことができます。

しかしもちろん、古いボトルや内側が汚れているボトルの場合はしっかり洗浄し、その後は完全に乾燥させて水分が残っていない状態にすることが絶対条件です。
そのため、仕上げにボトルをアルコールで拭くことは、水気を完全に取り除くために有効な方法と言えます。

オイルの劣化についての心配は不要ですが、むしろ花材となるプリザーブドフラワーやドライフラワーにカビや雑菌、水分が付着していないかどうかについては必ずチェックしてください。
花材にカビの胞子や細菌が付着していると、それがオイルの中で繁殖する可能性があるからです。

ハーバリウムに使用する花材は十分に乾燥させること、保管する場所の温湿度管理を徹底することの2点を守ることが、アレンジを長持ちさせる秘訣となります。
特に梅雨時や雨の日に届いた花材は、袋から出してしっかり乾燥させる手間をいとわないことが、長く楽しめるハーバリウムをつくるコツなのです。

ミネラルオイルを使用した、アミファの「フラワーアクアリウムオイル」はこちら

アミファのハーバリウムブランド「フラワーアクアリウム」はこちら

ハーバリウムで使える!アミファの「フラワーアクアリウム専用ボトル」はこちら

関連記事

ぼやいてください

フローラルストーンの作り方(1分)

マステでスマホカバー作り(1分49秒)

マステでフォトフレームを作ろう!(3分36秒)

マステでロゼット作り(3分05秒)

Profile & What is Washi Tape(2分04秒)

ページ上部へ戻る