ハーバリウムオイルと好相性のLEDライト

ハーバリウムの最大の特徴は、専用オイルの持つ独自の光学特性にあります。
ガラスと似た屈折率を有するハーバリウムオイルは、外部から取り込んだ光をボトル内部で繰り返し反射させる「全反射」という現象を起こします。
この特性によって、ボトルは無垢のガラスのような透明感を帯び、ひときわ明るさが増してアレンジを美しく見せるのです。

そんなハーバリウムにさらなる魅力を与えるのが、LEDのライトアップアレンジでしょう。
最近はハーバリウム専用のLED照明スタンドも市販されるようになり、さっそく人気を集めています。

LED(Light Emitting Diode)とは、発光ダイオードと訳される半導体で、電圧をかけて発光する仕組みを持つ電子部品のことです。
LED照明は、長寿命で発光効率が良いなどコスト面・機能面の優秀さもさりながら、発熱が少なく安全であること、紫外線が出ないので展示品を劣化から守るなど、多くのメリットがあります。
そのため、現在では照明器具をはじめ家電の表示ランプや信号機など、様々なシーンで活躍しているのです。

LED照明は構造上、室内全体など広範囲を照らすのは苦手ですが、反対に熱を嫌う対象物をピンポイントでライトアップするのには適していると言えます。
輝度の高いLEDライトに照らされたハーバリウムボトルの幻想的な美しさは、まさに見る者すべてを虜にします。

暗い環境では特に真価を発揮するLEDによるライトアップ演出は、ハーバリウムの多彩な楽しみ方の一つとして、これからますます注目されそうです。

ミネラルオイルを使用した、アミファの「フラワーアクアリウムオイル」はこちら

アミファのハーバリウムブランド「フラワーアクアリウム」はこちら

関連記事

ぼやいてください

フローラルストーンの作り方(1分)

マステでスマホカバー作り(1分49秒)

マステでフォトフレームを作ろう!(3分36秒)

マステでロゼット作り(3分05秒)

Profile & What is Washi Tape(2分04秒)

ページ上部へ戻る